• トップ
  • 機能紹介
  • 導入事例
  • ご利用料金
  • お申込
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

気になるのは情報漏えい!グループウェアでのやり取りの安全性

近年、クラウドサービスのグループウェアが増えてきています。ネットに接続できれば社外でも利用でき、オンラインストレージの機能も備えているので、業務の効率化・快適化に効果的。
ですが、「オンラインは安全性が心配」「情報漏えい対策は大丈夫?」と気になっている人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、グループウェアのセキュリティ問題に着目し、やり取りの安全性に迫ります。

ビジネスgooのファイル共有はこちら
そのグループウェア、SSLに対応してますか?

グループウェアの安全性イメージ1 インターネット上でビジネスデータをやり取りするに当たり、重要となるのが「SSL」。
SSL(Secure Socket Layer)とは、インターネット上でやり取りするデータを暗号化し、盗聴や改ざんを防ぐ通信技術です。
ネット通販などを利用するとき、ブラウザのアドレスバーの横に黄色い鍵マークが付くのを見たことはありませんか?あれが、「SSL通信中」の目印です。ネット通販では個人情報やクレジットカード情報をやりとりするので、SSL対応であることが重要。

フリーのクラウドサービスやグループウェアは、SSL通信に対応しておらず、情報が外部に漏れるリスクがあります。実際、芸能人の写真がクラウドから流出したという問題が、何度も起こっていますね。ですから、ビジネスで活用するグループウェアは、安易にフリーのサービスに手を出すのではなく、安全性の高いSSL通信対応のグループウェアを選ぶことをおすすめします。

ビジネスgooなら、SSL通信対応に加えて、24時間365日監視体制で安全性を確保しています。大切な顧客情報やビジネスデータが外部に漏れる心配なく、安心して利用できます。

スマホやタブレットでモバイルワーク!手軽さと安全性を両立するには

グループウェアの安全性イメージ2 クラウド型グループウェアの良いところは、ネット経由でいつでもどこでも利用できること。スマートフォンやタブレットでも使えるので、フットワークの軽いワークスタイルを実現します。
ですが、スマートフォンやタブレットは手軽で便利な反面、盗難や紛失のリスクをはらんでいます。
もし端末が第三者の手に渡ったら、グループウェアを通してビジネスデータが外部に漏洩する恐れが。

ビジネスgooでは、スマートフォンやタブレットでも安全に利用できるように、専用アプリでセキュリティ対策を行っています。ビジネスgooのアプリを使うと、スマホやタブレットを、プライベート領域とビジネス領域に分けることができるのです。ビジネス領域には、次のようなセキュリティ対策が。

・アプリ内のデータは全て暗号化して保存。
・セキュアブラウザ搭載で、閲覧履歴やキャッシュを残さずネットを利用可能。
・リモートワイプ(遠隔消去)機能搭載で、端末を失ったとき、遠隔操作でビジネス領域のデータだけを消去可能。

グループウェアに専用アプリがあり、このようなセキュリティ機能が整っていれば、手軽で安全なモバイルワークが可能です。

グループウェアの安全性は、システムの機能に大きく左右されます。セキュリティがしっかりしたシステムを利用していることは企業の信用にもつながるので、グループウェア選びは慎重に行いましょう。

ビジネスgooのファイル共有はこちら

まずは無料でお試し

無料トライアル
勤怠管理(高機能版)
ビジネスgoo 無料トライアル
ビジネスgoo 資料請求
ビジネスgoo オンラインデモ
ビジネスgoo かんたんガイド
できるビジネスマンの管理術&会社の組織作り