• トップ
  • 機能紹介
  • 導入事例
  • ご利用料金
  • お申込
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

定時で帰るコツ!仕事での面倒な事は先に片付けるべし

いつも定時に帰れなくて悩んでいる皆さん。「仕事が多いのだから仕方ない」と諦めていませんか?
残業することを「仕方ない」と諦めてしまうと、面倒な業務や苦手な業務を、ついつい後回しにしてしまいがち。
実はそれが、定時に帰れない一番の原因かもしれません。
今回は、仕事を時間内に片付け、周りの目も気にすることなく定時で帰るためのコツをご紹介します。

ビジネスgooのモバイル機能はこちら
生産性が最大になるのは朝!

定時で帰るイメージ1今10時間かかっている仕事を8時間で終わらせるにはどうすればいいのか。答えは簡単。仕事の生産性を上げればいいのですね。ですが、作業能率はある日突然アップするものではありません。そこで、今のあなたの作業能率を最大限に活かすことを考えましょう。一番やっかいで時間のかかる業務を1日で最も生産性の高い時間帯に行えば、全体の作業時間を削減することができます。

1日で最も生産性の高い時間帯とは、ズバリ朝。人は、疲れてくるほど作業能率が落ちてくるものです。人によっては、朝の30分が夜の1時間に匹敵するかもしれません。これまで夜に4時間かけて行っていた業務を、朝一番にすれば半分の2時間で片付くとしたら……定時で帰ることも、不可能ではない気がしてきませんか?
今日からは、時間のかかる仕事、面倒な仕事を後回しにするのではなく、朝一番で取り組みましょう。それが定時で帰るためのコツです。

面倒な事を後回しにしないコツ

定時で帰るイメージ2「嫌な事はついつい先送りにしちゃうんだよね」「やることが多すぎて、何から手をつけたらいいのかわからない」そんな人は、毎日の「やることリスト」を作ることをおすすめします。
①手のひらサイズの紙やメモ帳に、1日の仕事を書き出す
②それぞれの仕事にかかる見積もり時間を書く
③時間のかかるものから先に取り組み、終わったら線を引いて消す

これだけ?と思うかもしれませんが、効果は絶大。1日にやるべきことと取り組む順番が明確になるので、仕事を進めやすくなります。やることリストは前日か当日の朝に作り、常に持ち歩いて小まめに見直すのがコツ。リストの仕事を一つ消すたびに、「定時で帰る」という目標に近づいたと実感できるので、モチベーションがアップしますよ。

周りの目を気にせず定時で帰るコツ

定時で帰るイメージ3普段から残業が当たり前になっていた人は、「定時に帰って白い目で見られないかな?」「残業している人に申し訳ないな」と、周りの目を気にしてしまうかもしれません。それでは、定時に帰るための努力が水の泡。そこで、「やるべきことはやりました!」と自信を持って帰るためのコツをご紹介します。

・「ほう・れん・そう」で仕事ぶりをアピールしておく
上司や仲間にこまめに「報告・連絡・相談」をしておけば、自分の仕事の進捗具合や仕事ぶりが伝わります。ビジネスgooのようなグループウェアの掲示板や回覧・伝言機能なら、ホウ・レン・ソウの記録が残るので特におすすめです。

・チーム全体で「定時で帰る」を目標にする
「定時で帰る」ことにチーム全体で取り組めば、周りの目を気にせずにすむのはもちろん、定時帰宅に対するモチベーションがいっそう高まります。チームの能率アップにもつながるので、提案してみてはいかがでしょうか。

ビジネスgooのモバイル機能はこちら

まずは無料でお試し

無料トライアル
勤怠管理(高機能版)
ビジネスgoo 無料トライアル
ビジネスgoo 資料請求
ビジネスgoo オンラインデモ
ビジネスgoo かんたんガイド
できるビジネスマンの管理術&会社の組織作り