• トップ
  • 機能紹介
  • 導入事例
  • ご利用料金
  • お申込
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

株式会社イメージングワークス様

株式会社イメージングワークス  様
業務効率化、セキュリティ、デバイスフリー、在宅ワーク、環境を整えてくれるグループウェアが重要です。

<インタビュー対象>

代表取締役
前田 信孝氏

<契約内容>

ビジネスgooグループウェア

<利用ケース>

少ない人手で効率よく仕事を進めていく上でビジネスgooは有効であり、効率化を求められる現代において必要不可欠なインフラである。

<業務概要>

出版事業や企業広報に関わる制作を一手に引き受けて対応できるプロフェッショナル集団。 制作のみならず営業に関する企画・戦略のコンサルティングから、スマートフォンアプリの企画・制作や 企業のプロモーション企画も提供しており、幅広い分野から支持を得ている。
【URL】http://www.image-w.jp/

プロフェッショナル集団としてのイメージングワークス

― 採用ページの制作に始まり、今では企業広報や出版業も手がける草分け的存在へ。―

ビジネスgoo:

制作を生業としている貴社ですが、これまで手がけてきた作品をご紹介頂けますか?


まだできてません

前田氏:

いくつか例を申しますと、WOWOW様のスマホアプリ「映画の一皿」、ぴあ様の各種情報誌(ムックの編集からデザイン、DTPまで一貫して制作)などです。
また企業広報では、大手システム会社の会員誌や電気メーカーなどの会社案内も手がけています。

ビジネスgoo:

そうそうたる顔ぶれですね。


前田氏:

イメージングワークスでは大きく分けて3つの事業を展開していますが、1つはIR,CRSレポートなどの「企業広報」、2つめは先に申し上げた情報誌コンテンツの制作である「出版事業」、そして3つめは製品カタログや営業戦略の立案等も含めた「セールスプロモーション」です。

ビジネスgoo:

どのような経緯でここまで幅広く、さまざまな企業の制作を手がけるに至ったのでしょう?


前田氏:

元々私自身大手情報出版会社の出身なんですが、独立して最初に手がけたのは企業の採用広報です。採用広報を制作していく延長で見出したのが、企業広報という新たなプロジェクトでした。 今ではCRMという概念がかなり浸透し、事例の紹介や広報に力を入れる企業は珍しくありませんが、実は私たちの手がけた採用広報が起源になっていると自負しています。

ビジネスgoo:

新たなコンテンツを生み出したというのは素晴らしいですね。雑誌等の制作も最初から手がけているのですか?


前田氏:

いえ、採用広報の制作をメインで行っていた頃に、繁閑の差がない事業を手がけたいと思いスタートさせました。今では一部ページだけではなく、1冊丸ごと弊社で制作することも珍しくありません。

ビジネスgoo:

クライアントとの強固な信頼関係が伺える実績ですね。「制作」という意味で貴社の持つ強みは何でしょうか?


前田氏:

制作体制が一貫している、という点です。各媒体制作のプロフェッショナルが多く在籍しており、映像・紙・Web全てに一貫したトータルメディアソリューションを提供することが出来ます。

制作物

イメージングワークス社が手がけた制作物の一部。手に取ったことのある人も多いと思う。

変化し続ける仕事に対応したビジネスgooのグループウェア

― 仕事の単位は個人からチームへ。常に変化し続ける仕事の質・量に対応するため、グループウェア導入は避けて通れない。―

ビジネスgoo:

ビジネスgooを導入したきっかけは何でしょう?


前田氏:

必要に迫られた、というのが現実です。 私たち制作に携わる業者というのは大小様々なんですが、グループウェアも当初は大手制作会社が大規模なシステムとして使い始めました。しかし大手がグループウェアを使い始めたことで、業界のルールが変わっていったんです。


ビジネスgoo:

どのように変わっていったのでしょう?


前田氏:

それまでは同じ業者とクライアントの間でも、実際には担当者単位でバラバラに仕事を発注・対応するのが一般的でした。 ですがグループウェアを使うことで、大手制作会社は顧客に対して「窓口の一元化」や「複数の業務を纏めて対応する」といった手法でコスト削減を実現し、それがクライアント側にも浸透することで、私たち中小規模であっても同質の対応が求められるようになりました。


ビジネスgoo:

すると1人の対応する仕事量は増えたのでしょうか?


前田氏:

その通りです。更に純粋な制作以外の業務、例えばプロジェクトの進行管理自体も任されるようになりましたので、量・質共に忙しくなったわけです。 ビジネスgooを導入したのは、それまで個人で行っていた仕事が、チーム単位での仕事にシフトしていったことが一番の要因です。

ビジネスgoo:

なるほど。ではビジネスgooを選ばれたのはどんな理由からでしょうか?


前田氏:

当時、既にクラウド的なグループウェアは他にも色々とありましたが、ビジネスgooを選んだ理由の1つはNTTグループが提供しているという安心感です。 自社構築と異なり、サービスがいつ提供終了になるか予測できないクラウドサービスにおいて、NTTであるという安心感は大きいと思います。もう1つは機能。現在利用している機能はいくつかありますが、 当時から良いと思ったのは「在席状況の把握」や「スケジュール機能」ですね。加えて私自身は毎朝アラートメールが来るようにしていますが、一日のスケジュールがすぐに確認できてとても助かっています。

セキュリティと利便性は相反するのか?

― 社員が使う携帯電話は殆どがスマートフォン。アプリの対応はサービス選定の重要な基準になる。

ビジネスgoo:

業務上、クライアントから重要な情報を預かり制作を行うことが多いと思いますが、セキュリティ面ではどのような工夫をなさっているのでしょうか?


前田氏:

仰る通りで、クライアントからは契約時に情報を安全に扱うことが求められますが、質の高い制作を行う上では利便性を確保することも同時に求められます。 セキュリティだけに特化したシステムでは、正直使い勝手の面からあまり使う気にはなれない、というのが現場の声だと思います。

ビジネスgoo:

利便性を損ないたくない、というお話の通りですね。


前田氏:

ですが反面、セキュリティを確保するのは機種やキャリアを統一する場合と比べて困難な側面もあります。実はビジネスgooのiPhone/iPad向けのアプリがリリースされるのは ずっと待ちわびていたんです。これで、iPhoneでもAndroidでも一定のセキュリティを確保できますから。

ビジネスgoo:

ビジネスgooアプリのiOS版を待望なさっていたというお話、ありがとうございます。
どのような点が貴社にとって魅力的なのでしょうか?


前田氏:

月並みな意見かもしれませんが、ビジネスgooのアプリは業務に関するデータだけ 管理して、それ以外には干渉しない。これはこれからのスマートフォンの管理やセキュリティという点において当たり前に求められる機能だと思います。弊社の社員には、私有の携帯電話を使う者もおりますから、特にこれは重要なことです。


ビジネスgoo:

キャリアやOS、端末が私有か会社支給か問わずに一定の管理が可能なアプリは貴社にとって丁度良いということですね。


前田氏:

その通りです。

オフィス

ビジネスgooのスマートフォンアプリは、開発コンセプトとしてセキュリティに重点を置いたことにより、利用者が私物の端末を安全にビジネスシーンへ持ち込めるのが特徴。

ファイル共有機能で経理情報を管理

ビジネスgoo:

ファイル共有機能も良くお使いと伺いました。どのようなファイルを管理しているのでしょうか?


前田氏:

ビジネスgooのファイル共有で管理しているのは、主に経理に関するファイルです。 逆に制作に関わる画像や動画といったファイルは非常に容量を消費しますので、自社内にストレージシステムを構築して管理しています。


ビジネスgoo:

目的によって置き場所を使い分けているのですね。


前田氏:

そうです。 制作会社ですから画像等のデータばかりと思われがちですが、当然それ以外のデータもあります。ビジネスgooのファイル共有は、アクセスの利便性やサーバの安全性という点では自社内のストレージシステムよりも優れていますので、経理ファイル等の容量は大きくないが重要性の高いファイルを保存するのに適していると思います。


これからの働き方について

― 家族の介護を契機に在宅ワークは今後も増えていく。―

ビジネスgoo:

冒頭で仕事のルールが変わったというお話がありましたが、今後はどのように変化していくとお考えでしょうか?


前田氏:

かつての変化が個人からチームへの変化であったのに対して、今後は働き方そのものが大きく変化していくと思います。 弊社の社員の中でも、自宅で仕事をしていくという社員は増えています。関東だけでなく、遠方の社員もいます。


ビジネスgoo:

そうなると、なかなか出社することは難しいのでは?


前田氏:

そうです。しかし、社としても貴重な人材ですから、何とかお互いに納得のいく形で働き続けられないかを考えてきました。 現在はインフラが整っていますから、在宅で仕事をしても仕事の質に影響を出さずに業務の継続が可能な時代になっています。


ビジネスgoo:

在宅ワークと呼ばれる働き方ですね。


オフィス

前田氏:はい。そこで重要になってくるのが、社員同士が離れていても情報共有が出来て、円滑に仕事が進められる環境の整備です。 ビジネスgooはインターネットの繋がる場所であればどこからでも使えますから、今後益々重要性が高まっていくと思います。


公私にまたがるスケジュールの管理やプロジェクトの管理という点で、今後もビジネスgooには利便性を追及して頂きたいと思っています。


ビジネスgoo:

本日は貴重なお時間をありがとうございました。


今回の導入事例について
今回は、仕事そのものの変化に対応する前後のお話をお聞きすることが出来ました。
高齢化の進む日本ではこれから働き方が多様化していくと言われていますが、イメージングワークス様が実際に体験している様々な変化と、その変化に対応する手段としてのビジネスgooのご利用事例をお伝えできました。
ビジネスgooでは、変化を続けるワークスタイルに対応できるよう努めて参ります。

他の事例を見る

株式会社ユミックス 株式会社ユミックス
紙の予定表からの脱却に成功し、クラウド化によって営業と制作の
連携がスムーズになりました。
詳しく見る

まずは無料でお試し

オンラインデモ無料トライアル
ビジネスgoo for BYOD
ビジネスgoo 無料トライアル
ビジネスgoo 資料請求
ビジネスgoo オンラインデモ
ビジネスgoo かんたんガイド
ビジネスgoo ビジネスマッチ