FAQ

FAQ

質問の一覧

回答の一覧

1.勤怠管理打刻および勤怠管理アラートブロックに次のようなメッセージが表示され、連携機能が利用できません。どうすればよいですか?「アクセストークンが期限切れのため処理が実施できません。アクセストークンを再度取得した後に再度操作を実施し直してください。アクセストークン取得の画面を表示する場合は「こちら」」
AKASHIアクセストークンが有効期限切れのため、再度取得する必要があります。「こちら」のリンクをクリックし、AKASHIアクセストークン自動取得画面よりのAKASHIアクセストークンの再取得を実施してください。
※AKASHIアクセストークンについては「アクセストークン取得」をご参照ください。
2.勤怠管理打刻ブロックから実施した打刻の結果を確認するにはどうすればよいですか?
打刻の結果は、勤怠管理打刻ブロックの下部にある「矢印」アイコンをクリックすることで表示される、AKASHIの出勤簿(従業員)画面で確認することができます。
※AKASHIの出勤簿(従業員)についてはこちら
3.ユーザの初期化または削除を実施する際に、今までの勤怠データを保持したい場合はどうすればいよいですか?
ユーザの初期化、削除時に対象ユーザに紐づくAKASHI従業員の削除・退職を選択することが可能です。ここで退職を選択することで、AKASHI従業員の勤怠データを保持させることができます。
※詳細は、「ユーザの初期化」または「利用者削除」をご参照ください。